●関節痛の中で多いものが「膝関節痛」です

膝関節痛とは、階段の昇り降り、歩き始め、
立ち上がった時などに痛みを感じるなどの症状があらわれます。

最初は、それほどでもなかった痛みが、症状が進むにつれて深刻化し、
日常生活に大きな支障をきたすことがあります。



●膝関節痛の原因

わたしたちは毎日立ったり歩いたりして膝の軟骨に負担をかけています。
加齢とともに老化し摩擦することで軟骨がすり減り痛みが出るのです。

肥満も大きな原因です。
また、過度の運動や登山なども膝に大きな負担をかけます。

運動不足などにより脚の筋肉が衰え、
膝への負担が増すことで、膝関節軟骨が、すり減ることも考えられます。
中高年になると筋力が低下するので、膝の関節負担が大きくなるのです。

ダイエットによって筋肉の素であるアミノ酸が不足するのもよくありません。
筋肉を強くするには適度の運動をしましょう。



●膝関節痛の応急処置

どのような動きをすれば痛みがでるか、またどの場所に出るのかを把握しましょう。
炎症を抑えるためにアイシングで局部を冷やしたり、伸縮帯などでやや圧迫をし
安静にしましょう。

痛みが和らいできたら、マッサージ、ストレッチ、はりなどの治療をします。
また、腹部、背部、下肢の筋力を鍛えるための運動をしましょう。


このページの上に戻る
TOPに戻る