●四十肩、五十肩とは

四十歳頃、または五十歳頃に、肩の関節が痛んで腕の動きが悪くなってくること。
正式には「肩関節周囲炎」といいます。

腕を動かそうとしたときなどに突然、激しい痛みがおこり
痛くて肩が動かせない、首から肩、腕にまで響くような痛みを感じる、
締めつけられるようながんこな痛みが続く、といった症状が起こるのです。

肩が痛くて腕を上げることできず、日常生活に大きな支障をきたします。
腕を上げる、後ろに回すなどの動作がしにくくなるのが特徴です。



●四十肩、五十肩の原因

原因としては、肩関節周囲の腱や筋肉、関節包が加齢や職業上の酷使、運動などにより変形し、
弱体化したところに外部からの強い力が加わり、炎症を起こすことが考えられています。
しかしはっきりした原因は明らかになっていないのです。

体操などによって症状をやわらげ、回復を早めることができます。
症状を悪化させないためにも早期の治療が大切になります。
ふつうは半年から1年で自然に治ります。



●四十肩、五十肩になりやすい人

四十肩・五十肩は、40代〜50代前後の人に起こりやすいという以外は、
男女の差や利き腕に関係するものではありません。

けれども長期にわたって肩を酷使したり関節を傷めたことのある人は、
四十肩、五十肩になった場合に治りにくいようです。

日頃の適度な運動は 四十肩、五十肩になりにくくします。



●四十肩、五十肩の応急処置

痛みがあるときはまずは安静にしましょう。

熱いお湯につけたタオルをしぼってビニール袋に入れ、肩関節を包むように載せ、
肩関節を温めたり、温湿布を貼ったりすると効果があるようです。

お湯と水を交互にかけたり熱めのシャワーも効果が期待できます。
お風呂から出た後、肩を冷やさないよう注意してください。


このページの上に戻る
TOPに戻る