●より充実したエネルギーを取戻したい女性の必需品です。

マレーシアとボルネオの熱帯雨林に生息する小さなハーブで、
現地では森の女神「カチップ・ファティマ(Kachip Fatima)」と呼ばれています。
マレーシアでは大変よく知られているハーブの1つで、
婦人科系疾患の治療や、産後の滋養強壮に用いられます。

昔から、緩んだ子宮や膣を引き締める子宮強壮薬として使用され、
産後の女性の体の機能回復に効果を発揮します。
また生理痛を軽減するためにも用いられます。
現在は「カチプファティマ」を含んだ栄養ドリンクなどが女性達に大ブームです。



●出産後の早い回復には子宮を整えることが重要です。

ポリフェノール類やタンニンを豊富に含む「カプチファティマ」が、
子宮の状態を元に戻す(タイトニング)ために効果があると、
マレーシアでは広く知られ、処方されています。

ポリフェノールには痛みの原因となる酸化物を除去する作用があり、
タンニンにはタイトニング効果や消臭効果があると言われています。

最近では10歳代の若い女性も多くのストレスから来る体調の変化を整えるために、
「カプチファティマ」を愛飲しているようです。
他にも同じ熱帯雨林で採取される「センドダック」というハーブも効果があるそうです。


このページの上に戻る
TOPに戻る