●「腋臭・わきが」=わきのしたの汗が悪臭を放つ症状。

自分では気づきにくいのが難点です。
わきの下から出る特徴的な臭いが、周りの人に不快感を与えます。
知らぬ間に他人に迷惑をかけているかもわかりません。

特に女性の場合は、体臭に関して悩みがあると、
対人関係で消極的になり、劣等感を持つようになります。 



●ワキの臭いと汗が出る理由。

ワキの臭いと汗は、大汗腺(アポクリン汗腺)と小汗腺(エクリン汗腺)という、
2種類の汗腺が関与しています。

主に体毛のある部位の皮下に多く分布しているのが、アポクリン汗腺で、
分泌される汗には、脂肪や色素、尿素やアンモニアなどが含まれ、
粘りのある汗を分泌して、乾燥後、ベトついて肌着の黄ばみや、
「わきが」の鼻を突く独特の強烈な臭いの原因となっています。

一方、全身に分布している、エクリン汗腺は、
比較的サラッとした汗を大量に分泌して、体温を調節する役割を担っています。
エクリン汗腺は自律神経(交感神経と副交感神経)によって制御されているので、
人が暑さを感じたときだけではなく、
辛いものを食べたり、緊張(ストレス)や恐怖を感じた時にも汗を分泌します。

しかし、汗の分泌量が多い場合は、「ワキの臭い」も、より広範囲に拡散するので、
総合すると、大汗腺と小汗腺の両方が「わきが」の臭いにも関係していると言えます。



●わきがの対策や治療法

電気分解法や、手術により汗腺や皮下組織を、取り除くなど、
多くの治療方が開発されていますが、
一部ではキズが残ったり、完璧に除去できず再発することがあります。

簡単に思える外科手術でも部位が脇の下ということで皮膚の快復も遅く、
全治までに費やす時間や費用が多くかかる難点や欠点があります。

薬物療法などで一時的に抑える効果があるものも市販されていますが、
いずれにしても、汗や臭いを抑えるのが目的なので、
自分自身のマメな入浴や着替えにより、体や腋部の清潔を保つことが重要です。



●和食にすれば、やや効果あり。

わきがを抑えるには皮下脂肪を増やさないことです。
発汗を促す多量の塩分や糖分、アルコールは控えめにしましょう。
脂身の多い肉類や乳製品、食用油や調味料・香辛料を多く使った料理も避けましょう。
肥満が解消されると、結果的に汗と臭いを減らすことにつながります。

わきが対策に理想的な食事は和食です。
昔の和食中心の日本では、元々わきが体質の人は少なかったのですが、
食生活の欧米化と共に、「わきが」が次第に増加してきた傾向にあります。
薬物療法ではないので、少しでも効果があれば、体のためには上々です。
積極的に和食を取り入れてみましょう。

●わきが体質は遺伝する可能性が高い。

残念ながら「わきが」は優性遺伝です。
優性遺伝とは「受け継がれやすい」という意味です。

父親か母親のいづれかが「わきが」の場合、その子供は約50%、
両親共に「わきが」の場合、その子供は約80%の確率で「わきが」が発症するといわれ、
子供の頃には症状が出なくても、思春期以降に「わきが」が臭うようになります。

また、「わきが」は他人には伝染しません。


このページの上に戻る
TOPに戻る