●食物繊維とは

食物繊維(しょくもつせんい)は、化学的には多糖類であり、
食物に含まれている「難消化性成分」の総称です。
その多くは植物性、藻類性、菌類性食物の細胞壁を構成する成分です。

食物繊維は、ダイエタリー・ファイバーとも呼ばれ、食品中の成分のうち、
人の消化酵素で消化されにくい成分のことをいいます。

昔は『食べ物のカス』と呼ばれ、役に立たないと考えられていた食物繊維ですが、
現在では5大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)に続く、
「第6の栄養素」として重要視されています。

また「食物繊維を多く摂取する国では、大腸の病気が少ない」などといわれ、
肥満等の各種成人病(生活習慣病)の防止やダイエット機能の研究も進んでいます。



●水溶性食物繊維と不溶性食物繊維

食物繊維は、大きく分けて水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つ。
水溶性食物繊維は、ヌルヌルとしていて保水性が高いのが特徴。
糖分の吸収速度をゆるやかにして食後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。
また血液中のコレステロール値を減少させる働きもあります。

不溶性食物繊維は、水に溶けにくい繊維質で、水分を保持し、
便のかさを増やして快便に導きます。
また、発ガン性物質などの腸内の有害物質を体外へと排出させると言われています。



●大腸の機能は食物繊維のためにあります。

人の消化管は自力ではデンプンやグリコーゲン以外の多糖類を消化できませんが、
大腸において様々な細菌によって発酵し、一部が脂肪酸に変換されてエネルギー源として吸収されます。
大腸の機能は食物繊維の存在を前提としたものであって、
食物繊維の不足は大腸の機能不全につながることにもなります。


このページの上に戻る
TOPに戻る