●糖尿病は高血糖状態

すい臓から分泌されるインスリンの働きが悪くなり、
血糖をコントロールできず、高血糖の状態になることです。

高血糖と糖尿とが持続的にみられる慢性の病気で、
のどの渇き・多尿・空腹感・倦怠感(けんたいかん)などの自覚症状があり、

感染症・動脈硬化・白内障などの合併症を起こしやすいので注意が必要です。



●太った場合は、すぐ医者へ

たとえば、体重変化があり、
太った場合は肥満症などの生活習慣病が疑われるので、早めに、医師の診察を受けましょう。

糖分の摂り過ぎが招く肥満症は多くの弊害を招きます。
手足の先の痛みやしびれが長く続く場合は「かくれ糖尿病」に注意しましょう。
糖尿病性神経障害かもしれません。



●糖尿病の診断に欠かせない血糖値。

本当に怖いのは糖尿病そのものではなく、
糖尿病が引き起こす病気(合併症)にあります。
糖尿病は、初期の症状であればそれ程心配することはありません。

定期的に病院で「糖尿病チェック」を受けましょう。
早期発見が体を守ってくれます。



●糖尿病を防ぐ食生活とは、

たまには、大好物を好きな時に、気持ちよく、好きなだけ食べるのも結構ですが、
毎日の基本は、食事内容のカロリー量を計算して「腹八分目」摂取することが大切です。
多少、面倒くさい部分もありますが知識を吸収して、バランスよく栄養をとることです。
一度覚えてしまえば、決して難しいことではありません。

●食物繊維の偉大なパワーが心臓疾患や糖尿病を予防してくれます。

昔は『食べ物のカス』と呼ばれ、役に立たないものと認識されていましたが、
近年では、「食物繊維を多く摂取する国では、大腸の病気が少ない」などといわれています。

一例をあげれば、糖尿病への効果などにも期待が寄せられる「明日葉」。
明日葉のマルチパワーを健康に役立てましょう。

●糖尿病対策は一日約30分のウォーキング

他の生活習慣病と同じく、
適度な有酸素運動を、毎日、続けることも有効であり重要です。


このページの上に戻る
TOPに戻る