●コレステロールとは

コレステロールはギリシャ語でchore(胆汁)とsterol(固体)の二つの意味を合わせたもの。
動物性ステロールの代表的なもので、細胞膜の構成成分として主に肝臓で生合成されます。

また、副腎(ふくじん)皮質ホルモン・ビタミンD・胆汁酸などの材料となります。
血管壁に多量に沈着すると動脈硬化の要因となります。コレステリン。



●コレステロール自体は悪者ではありません。

以前は動脈硬化や血圧変化は
コレステロールのせいであり「体に悪いもの」と言われていましたが、
最近は栄養学の進歩から、その実体が少しは解明されたようです。

コレステロールは本来、体内で細胞膜を作り、血管の内側に張り付いて、
血流に含まれる粒子などから血管が損傷されるのを防ぎ、
ホルモンの元になる胆汁酸(肝臓で作られ小腸で脂肪の消化吸収を助ける)の原料となる
体にとって必要な栄養素です。

コレステロールの70%は肝臓で作られ
残りの30%を食べ物から摂るようになっています。

コレステロール自身に変化がなければ、
特に問題を起こすことはなく、必要とする細胞と肝臓間を移動しているだけのものです。





●問題は、コレステロールの量でなく、

重要なのは、コレステロールをコントロールするバランス機能が低下することです。

毎日のように肉を食べ、動物脂の飽和脂肪酸やカロリーを摂取しすぎると、
肝臓から必要以上にコレステロールが作り出され、
コレステロールをコントロールするバランス機能が低下します。

バランス機能が低下すると、体に悪影響を及ぼす「活性酸素」が一度に大量発生するために、
酵素や、タンパク質、ビタミンなどの活性酸素制御システムも対抗できなくなり、
体中でさまざまな問題(発症)が起きてきます。

また、コレステロールが必要以上に血管に付着して酸化したり、
白血球もコレステロールを破壊するので、その死骸が血管に附着して固まり、
血中コレステロール値が高くなる原因となり
高コレステロール血症や動脈硬化などの病気を引き起こします。



●(LDL)群と(HDL)群

有害なタイプのコレステロールは、低密度リポ蛋白(LDL)群と呼ばれています。
リポ蛋白とは、脂肪(リポ)と蛋白質が組み合わさったものです。
LDL群は、血管の中を流れている血液の中にある、コレステロールで、
リポ蛋白が増えすぎると血管壁に付着して固まりを作るので、
「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

一方、高密度リポ蛋白(HDL)群は、その割合が多いほど心臓病のリスクが減るので、
「善玉コレステロール」と呼ばれています。
HDL群は、血管壁に付着したLDL群を剥がれ易くし、
動脈内からコレステロールを運び出します。

LDLは悪玉、HDLは善玉と一応図式はできていますが、
それぞれの役割から、そう呼ばれているだけで
本来は善も悪もなく、両方とも健康には必要不可欠なコレステロールです。

コレステロール値が高い場合や血中脂肪値が高い場合は、
ネバネバ成分である水溶性食物繊維を積極的に摂取しましょう。、
余分なコレステロールが効率よく排泄されることになり、
その結果、血中濃度が低下することになります。


このページの上に戻る
TOPに戻る