●新古車は中古車?

車販売店が売上実績や業績の数字を伸ばすためや、
何らかの理由で登録だけ済ませた車のことです。

搬送中に傷をつけたりショールームで展示車として飾ってあった車も
新車として販売することができないので、新古車として販売されます。

新車はカタログから使用や装備を選ぶことができますが
新古車は中古車と同じく、現車限りです。

また保証も基本的には中古車の保証となり新車の保証期間よりも短くなります。
販売店の判断で、一般の中古車よりも保証期間を長くする、というケースはあります。

いずれにしても新車以外の車はすべて中古車だということです。



●新庫車、準新車、新車同様などの表示について

「新古車」というのは曖昧な表示なので「不当表示として禁止」されています。
車は一度登録されると走行距離に関係なく、次に販売される場合は、中古車扱いとなります。

「新庫車」という表示も見かけられますが「新古車」という表示を避け、
新古車と同じ意味であることを表したもののようです。

この他、「新同車(新車同様)」、「準新車」などの表示も
ユーザーに誤解を与える表示ということで、不当表示とされています。



●新古車購入時の注意点

新古車として売られる原因を確認しましょう。
水害で冠水したり、事故車扱いの車もあります。

例えば傷がついて新車として売れなかったクルマだったとしたら、どんな傷だったか確かめましょう。
修復前の写真があるのか、確認した上で購入を決めるとよいでしょう。。

車販売店で走行距離が限りなく0kmに近い「新古車」を薦められ、
購入契約をした際に、「自動車取得税」や「自動車重量税」を徴収されたら、
詐偽行為に該当する可能性があります。

中古車購入時に、最初から不要な、これらの項目を、「サービスさせていただきます」
と販売員が口頭で言うのも誤りです。

また、国に納める税金に免除項目はあっても、サービスはありません。
契約内容には充分に注意をして購入しましょう。

支払総額などで、販売担当者の説明や対応が「おかしいな」と思ったら、別の販売員に確認したり、
各地域にある消費生活センターに相談などをして、速やかに話し合いや解約などの手続きしましょう。



このページの上に戻る
TOPに戻る