●クレオパトラは知っていた

肌の不老長寿には「酢」が効果的。
真珠を浸した「酢」を愛飲していたといわれるクレオパトラ。
美しさの秘密は「酢」にあったのでしょうか。
紀元前のエジプトでは「酢」は調味料ではなく、貴重な飲料食品だったようです。

肌のシミは皮膚細胞の新陳代謝が悪くなり色素などの老廃物が溜まったものです。
過酸化脂質が増えると肌の老化が進み、張りや弾力性が失われ、シワや弛みも増えます。



●酢の成分はクエン酸を含む有機酸です。

酢を摂取していると、クエン酸の効果で
過酸化脂質を減らす燃焼循環が順調に行われ、細胞の働きも活発になります。

体は理想的なアルカリ性に近づき、女性は顔にシミやシワ、弛みが出来にくくなります。
過酸化脂質が出来ないようにするために日頃から「酢」を身体に摂取しましょう。



●女性の肩こりや腰痛の原因は乳酸タンパク質です。

乳酸は、体の組織にあるタンパク質と結び付いて
乳酸タンパク質に変わり、体に害をもたらします。

筋肉細胞に乳酸タンパク質がたまると筋肉の柔軟性が無くなり、
神経が圧迫されて肩こりや腰痛の原因になります。

「酢」には乳酸を分解する働きもあり、肩こりや腰痛の予防にも効果があります。


このページの上に戻る
TOPに戻る