●手足の先の痛みやしびれ

こういう症状は、体が糖尿病に近づいているのかもしれません。
早期に専門医に相談をして診察をうけましょう。

日頃から暴飲、暴食、夜更かしなどの不摂生を続けていると
血糖が増え過ぎて血糖値が高くなり、
血液も、粘って流れにくくなり、
体のあちこちで異常が発生し支障がおきます。

やがては、高脂血症を経て、
数多くある生活習慣病の元凶である「糖尿病」という診断結果が待ち受けています。



●自分の血糖値を知っていますか?

血糖値は糖尿病診断の決め手になる大切な数値です。
糖尿病はかなり進行しないと自覚症状が出ない病気なので、早期発見がとても重要です。
血液検査などで、血糖値を知ることが可能なので、専門医に積極的に相談して検診をうけましょう。



●血糖値が低すぎる場合

生命活動を維持するのに必要なエネルギーが不足しているということです。
ひどいときには昏睡状態に陥る危険も出てきます。
頭痛やめまい、視界がくもって目が見えにくいなどの不調がみられる時は、
「低血糖」状態になっています。



●血糖値が高すぎる場合

体内で、血糖を処理するホルモンは膵臓から分泌されるインスリンだけです。
インスリンが何らかの理由で必要分を分泌されなくなったり、
作用が弱まると、血糖値は上昇します。

血糖値が高過ぎる「高血糖」状態が長い間続くと、
血液は「ドロドロ血」と呼ばれる状態になり、体のさまざまな器官に悪影響を及ぼします。
特に深刻なのが血管へ大きなダメージを与える、動脈硬化へと進行していくことです。

また、尿量が増えて、タンパクを含んだ尿を伴うと高血圧状態になり、
さらには神経障害を招いて、四肢のしびれ、感覚異常などが発症する可能性さえあります。

●血糖排出システムが限界を超えると糖尿病

人の身体には血糖が多過ぎると、尿に溶かして排出するシステムがあります。
しかし、血糖値があまりに高すぎると、尿に溶かせる糖分の量に限界があるため、
体中のさまざまな所から強引に水分を調達して、糖分を排出しようとします。
これが高血糖症、いわゆる糖尿病の初期状態です。

●血液サラサラ生活をはじめましょう。

糖尿病を防ぐポイントは、食事と運動です。
食べたものの栄養成分や身体への効果を知っておくのも大切です。
生活習慣病が気になったら、
血糖上昇を抑えてくれる、食物繊維を多く含む緑黄野菜を食べましょう。

バランスの良い食事に加えて、
充分な睡眠や1日約30分程度のウォーキングが生活習慣病予防の万能薬になります。

●食事はゆったり気分で「腹八分目」

「お腹が空いた」「お腹がいっぱい」という、脳が感じる感覚の元は、血糖値です。

血糖値が正常であれば、正しい「空腹感」や「満腹感」を感じられますが、
異常であれば、血液の流れが渋滞し脳への伝達が遅くなり、
俗に言われる「血のめぐりが悪い」状態となって、色々な部分で問題が起こります。

たとえば、満腹感を感じるのも鈍くなり、食べ過ぎて、肥満になります。
肥満体では正常な血糖値は得られないので、悪循環を繰り返し、ますます太っていきます。

「早食い」も過食(肥満)の原因になるので、ゆったりした気分でよく噛んで食べましょう。
噛むことで内臓への負担も和らぎます。

そのためには丈夫な歯と歯茎も必要です。
健康的な歯を保つために
虫歯予防だけでなく、年齢と共に進行する歯周病のケアも忘れないようにしましょう。

人の体は、全てのパーツが正常でなければ健康体を維持することは出来ません。