●ビタミンDはカルシウムの吸収に必要です

骨からカルシウムが抜け出す「骨粗しょう症」を予防するには、
カルシウムを多く取り入れることが重要なのですが、
原材料である「カルシウム」と「リン」などが丈夫な骨を作りやすい環境にするためには、
「ビタミンD」も同じように必要です。

ビタミンDは、腸管からのカルシウムの吸収を盛んにし、
骨へのカルシウムの沈着を調節するビタミンです。
紫外線にあたると皮膚で合成されます。

しかし、いくらビタミンD補給のためとはいえ
長時間、紫外線を浴びるのはやめましょう。
皮膚とか体に別の悪影響が出てきます。
人の体は本当に、複雑で、デリケートに造られています。



●カルシウムやビタミンDは摂取が難しい栄養素です。

毎日少しづつ不足状態が続くと、骨に悪影響が及びます。

骨粗しょう症になった場合は、さらに重症の「骨折」を防ぐために、
なかなか摂取できない状況からでも、さらに多くのカルシウムを要求され
当然のように、ビタミンDも必要になります。

食事に気を配ると同時に、サプリメントなどから
カルシウムとビタミンDを一緒に摂るのも一つの方法です。

●カルシウムを多く含む食品は

ドジョウ、ひじき、しらす干し、ワカサギ、干しマイワシ、干しエビ、煮干し、干しわかめ 牛乳 、チーズ 、ヨーグルト、小松菜 、凍り豆腐 、ゴマシジミ 、切り干し大根 などです

●ビタミンDを多く含む食品は

「きくらげ」が含有率が高く、他には、サケ、メカジキ、 カレイ 、ウナギ 、マグロ(脂身)、
サ バ 、サンマ、カツオ 、サワラ 、ニジマス などの魚類です。