●鮎(あゆ)

アユは河口で孵化して冬に海で育ち、春に川をのぼる川魚です。
香りが良いので香魚、年魚などとも呼ばれています。
全国のどの河川でも天然鮎の遡上はほとんど期待できませんが
稚魚の放流により、なんとか太公望の期待に応えています。



●鮎喰川

四国の徳島県徳島市の西部地区に
鮎喰川(あくいがわ)という川が流れています。
「鮎を喰らう」という言葉が
そのまんま川の名前についているのは、全国でも徳島市の鮎喰川だけのようです。
近年は涌き水も少なく水量が減少して、小さな流れの場所もあるそうですが
不思議と鮎が戻る季節(六月)には水量が増し、釣り人を喜ばせているそうです。
鮎は四国の霊峰「剣山」に向かう、神山町(かみやま)という地区の
ずっと上流までのぼって行きます。



●鮎という字は魚へんに占うと書きますが

昔は豊作凶作を
鮎が川上に登って行く量により、占っていたことから
この名が付いたと言われています。




●徳島県には鮎喰川の他にも、

吉野川、勝浦川、海部川、穴吹川など、鮎釣りの好適ポイントが数多くあります。
近辺では鮎の養殖業も盛んのようです。

●「おとり鮎」をいかに自然体で泳がすかが鮎釣りの極意です。

アユは独特の友釣り(共釣り)という漁法で釣り上げます。
おとりのアユに針をつけて放し
なわばり意識の強いアユの特性を利用して、寄ってくる他のアユに針をかけて釣ります。
アユ同士が体をぶつけ合うので、おとりアユの優劣で釣果に差がでます。

●鮎を食べる

鮎喰川上流の神山町周辺の食堂や料理屋では
焼き鮎、吸い物、煮浸し、寿司、ぶつ切りの背ごし、
頭から中骨まで丸ごと食べられる甘露煮などが盛り合わされた
「鮎づくし」が喜ばれています。

●旬の季節、酒の肴に

尾の先まで塩をふりかけた鮎の塩焼きに、
徳島名産の「すだち」を絞ってかければ絶品です。
焦がし加減に焼いた、体長10cm未満の稚魚の丸かじりも、おいしいです。


このページの上に戻る
TOPに戻る